120歳まで生きるロングブレス
美木良介著(幻冬舎 1600円+税)

新型コロナウイルスによるパンデミックで、世界中が大変な騒ぎになっている。最初は中国で猛威を振るい、現在は欧米で拡大中だ。中でも、イタリアの惨状は目を覆いたくなる。世界中で入国禁止や入国規制が相次ぎ、このグローバルな時代に「鎖国」状態の国が相次いでいる。

大勢の集まるイベントは次々中止になり、桜の花が咲いたのに宴会もできない。うららかな春だというのに、ストレスがたまる毎日である。そんな中で、書店の売り上げが増えているのは、唯一といっていいほどの朗報だ。この際、本を読む楽しさを少しでも見直してほしい、と思う。

その書店で、コロナ対策本以外に目立つのが「健康本」である。健康法は数多く紹介されているが、テレビで見たとき「これだ!」と思ったのが、美木良介さんが提唱する「ロングブレス」だ。要するに「呼吸法」を基本にしたエクササイズで、「ロングブレス=長い息」こそ「長生き」の秘訣だという主張に共感したのである。

早速、本に付いているDVDを見ながら、40分ほどのロングブレスを始めた。 基本の呼吸法から始まり、ロングブレス体操、ロングブレストレーニングなど画面を見ながらシンプルな動作を繰り返す。美木さんの「(息を)吸って」「吐いて―」の掛け声に合わせておよそ40分。少し汗ばんできて、なんだかスッキリする。

本そのものは、定価1600円なのに63ページしかない。中身の、ごく簡単である。付属のDVDさえあればいい、という内容である。「こんなことで120歳まで元気で生きれれば苦労しない」と思われる方もいるだろう。健康法も人によってあう、あわないがあり、「これだ」と思うものを見つけることが重要ではないか。

どんな健康法でも、長く続けなければ効果がないことは承知している。ただ、承知はしていてもなかなか出来ないのが人間である。私の場合はこの呼吸法がピンときたので、とにかく続けて、その報告ができたらいいと考えている。

【ジャーナリスト 枡田勲 2020/3/24】